庭にある池の埋め立てはどうすればいい?手順や工事にかかる費用を紹介

未分類

庭にある池を埋め立てることで、庭が広く使えるようになります。

このページでは、庭にある池の埋め立てについてご紹介します。

池を埋める手順や、工事を業者に依頼する際にかかる費用についてご紹介していきます。

庭にある池を埋めたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

池を埋める前に祈祷を行うことも

日本では古くから池のように水のあるところには「水の神様」がいると言われています。 庭の池を埋める場合は、神様への感謝と工事の安全祈願のために祈祷を行う場合もあります。

池を埋める手順

池を埋めて庭に戻す場合は、次のような手順になります。

  1. ゴミを取り除く
  2. 水を抜く
  3. 池の底に水抜き穴を開ける
  4. 土を入れて埋める
  5. 防草シートを敷く
  6. 砂利を敷き詰める

池に腐敗物があるとメタンガスが発生することがあり、人体に悪影響を及ぼします。

水を抜いて、池の中にあるゴミは取り除いておくことが大切です。

今まで池であった場所は地盤が緩くなっている可能性が高いため、しっかり水を抜くようにしましょう。

庭池を埋めるのにかかる費用は?

池を埋めて庭に戻す場合にかかる費用の相場は、約20万円です。

池を埋めた後、その場所をどのように使用するかによって、次のように整備するのに追加費用が発生します。

駐車場:13万円~

花壇(植樹1本の場合):2万円~8万円

ウッドデッキの設置:20万円~30万円

池を埋める際は業者を比較検討

池を埋める工事を依頼する場合は、複数の業者を比較検討しましょう。

池は地盤が緩まないよう、丁寧な工事で水を抜いて埋めていく必要があります。

池の工事を問題なく行うためには安心できる業者に依頼することが大切です。

そのために、複数の業者から見積もりをとり比較検討して依頼する業者を決めましょう。

門扉の解体や撤去を依頼できる業者はたくさんあります。

複数の業者を比較しながら、理想のプランと費用で利用できる業者を見つけて依頼しましょう。

まとめ

このページでは、庭にある池の埋め立てについてご紹介しました。

庭にある池を埋め立てることで、庭のスペースを広く使えるようになります。

池を埋める前には祈祷を行うこともあります。

池を埋めて庭に戻す場合は、正しい手順で工事をすることが大切です。

池を埋める工事を依頼する場合は、工事を成功させるためにも複数の業者を比較検討して依頼しましょう。

庭にある池を埋めたいと考えている人は、ぜひ今回ご紹介した手順や費用を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました