井戸を解体する際はお払いが必要?手順や費用について徹底解説

未分類

井戸を解体する場合は、お祓いをしたり、井戸の水を抜いたり、しなければならないことが多くあります。

このページでは、井戸を解体する流れや、井戸を解体するのにかかる費用についてご説明します。

井戸を解体する前に必要に応じてお祓いをする

井戸を解体する前には普通お祓いをします。

お祓いは必ずしなければならないというわけではなく、その土地の風習などに合わせて行うか決めましょう。

井戸は昔から神聖な場所とされてきた場所で、井戸には神様がいるとされています。

井戸は黄泉や霊界とつながる場所であるとも考えられています。

そのため井戸を埋めて解体する前にはお祓いをする風習があるのです。

井戸を解体する流れ

要に応じてお祓いをしたら、井戸を解体します。

井戸を解体する流れは下記のようになります。

ゴミを取り除いて清掃する

井戸の中には木片や段ボール、プラスチックなどのゴミが入っていることが多いため、まずはこのようなゴミを取り出して中を清掃します。

井戸枠を割って取り除く

次に、井戸に竹や塩化ビニールのパイプを入れてから、井戸枠を割って取り除きます。

井戸の水を抜く

井戸の中に溜まっている水を、ポンプを使って抜きます

砂で埋めて完了

井戸の中に砂を入れて埋めたら完了です。

井戸を解体するのにかかる費用

井戸を解体するのにかかる費用の相場は状況によって変わります。

最初から井戸があるとわかっていた場合の相場は約10万円です。

住宅の解体作業中に井戸が見つかり解体することになった場合は、3万円~5万円です。

井戸の大きさによっても相場は変わります。

上記でご紹介した相場の金額はあくまで参考にしてください。

追加費用が発生することも

どのような井戸なのかによって費用は変わり、追加費用が発生することもあります。

例えば下記のような場合は追加費用が発生します。

  • 井戸を埋めるための砂が多く必要になる
  • 地中にレンガなどがあり撤去する必要がある

このように、井戸は工事をしてみないと内部がどのようになっているかわかりません。 そのため工事をしてみて予想外のことがわかり、追加費用が発生し予想していたよりも多くの費用がかかることもあります。

最後に

井戸は神聖な場所とされているため、必要に応じてお祓いをしましょう。

井戸を解体する流れは、ゴミを取り除いて清掃する→井戸枠を割って取り除く→井戸の水を抜く→砂で埋めるという流れになります。

井戸を解体するのにかかる費用の相場は、最初から井戸があるとわかっていた場合は約10万円、後から見つかった場合は3万円~5万円です。

場合によっては追加費用が発生することもあります。

井戸を解体する際は、ぜひこのページの内容を参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました